HOME > IR > ディスクロージャーポリシー
ディスクロージャーポリシー
情報開示(ディスクロージャー)についての基本方針

情報の開示に関しましては、当社では、東京証券取引所の定める適時開示規則に則って情報開示を適時・適切に行ってまいります。また、適時開示規則に該当しない情報に関しても投資判断に影響を与える重要情報であると判断されるものについては積極的かつ公平に開示を行うことを情報開示の基本方針としております。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じ公開いたします。公開した情報は、当社ウェブサイトに速やかに掲載いたします。また、当社が重要であると判断した適時開示規則に該当しない情報を開示する場合においても、当社ウェブサイトに掲載およびメディアを通じて、できるだけ正確かつ公平に伝達されるように努めます。

第三者への情報開示と第三者による業績予想について

当社は証券アナリストや機関投資家の方々とのミーティング(個別ミーティング、スモールミーティング)において、未公開の重要事実について言及することはございません。また、第三者によるいかなる当社に関するコメント、業績予想等を支持することをいたしません。

将来の見通しについて

当ウェブサイトに掲載している情報の一部には、将来の業績に関する記述が含まれています。こうした記述は、将来の業績を保証するものではなく、リスクや不確実性を内包するものです。将来の業績は環境の変化などにより、実際の結果と異なる可能性があることにご留意ください。

市場の風説への対応

当社に関する市場の風説に関しては、コメントを一切行わず、問い合わせにも応じません。ただし、風説が資本市場および当社に重大な影響を与えると判断した場合、また東京証券取引所から説明を求められた場合には、その定める基準ならびに方法に従って適切に対応いたします。

沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防止し公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日の日時までの一定期間を「沈黙期間」とし、この期間は決算内容や将来の見通しに関するコメントやお問い合わせに対する一切の回答を控えることといたします。但し、沈黙期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には適時開示規則に従い適宜公表いたします。なお、すでに公表されている情報に関する問い合わせについては、この限りではありません。

上へ戻る