HOME > スタッフの素顔 > 社員インタビュー

INTERVIEW

アパレルとITに関わる仕事を探して

株式会社ラクーンコマースセラーマネージメント部

HIROKO.O

  • もともとアパレルメーカーで企画の仕事に携わっていました。商品を企画する際に雑誌を切り抜いてデザインや色を決めていくとか、すごくアナログなことをしていたんです。ネット販売の業務もありましたがITの知識はほとんどなくて、このままじゃスキル的にも厳しいんじゃないかと思い、アパレルとITに関わる仕事がないかと探してラクーンに入りました。
    スーパーデリバリーのサイトを見ていたら、「商売繁盛セミナー」など小売店の方と接点を持つリアルなイベントが載っていたので、ITに疎い私でも何かできるかな?という気持ちもあったので(笑)。
    それに面接時には求人サイトに載っていないことも色々と質問したのですが、なんでも赤裸々に話してくださったので安心感もありました。

  • 国内から海外までアパレルメーカーの開拓を担当

    入社してからスーパーデリバリーの新規開拓の営業を担当しています。今は主にレディースアパレルを担当していて、小売店のニーズにあったメーカーを探したり、今のサイトに足りないジャンルを開拓したりしています。国内のメーカーもですが、最近は小売店の方が他店と差別化できるものを提供できるよう、インポートの商品の開拓も始めました。イタリアの現地に買い付けに行ったりもしますし、仕入れた商品を小売店に直接案内をしたり試行錯誤しながら色々と試しています。
    その他にもすでに出展している企業のフォローも担当しています。企業の売上を伸ばすために出品のタイミングや商品などスケジュールを組んで提案したりしています。
    もともと大阪支社に入社し、その後東京本社に来ましたがどちらもとても風通しがよい環境で堅苦しくないですね。年代の垣根も感じないし、良い意味でフランクです。それに、イベントが好きな会社だと思います(笑)。こんなに社員から発信するイベントが多いと思わなかったので入社した当初はびっくりしました。いろんなイベントがありますが社員発信だから参加率も高いし、人を知るいい機会になっていると思います。最初はそこに馴染めるか不安でしたが、風通しのいい会社だからこそ、入社したばかりでも気軽に参加することができてほっとしました。
    お勧めなのは、社員が企画する社員旅行に参加することです!友人と企画する旅行だと、行く場所やすることも偏ってしまうと思います。でも社員旅行なら年代も趣味嗜好も違う人が企画するので、プライベートだけでは経験できないような新しいことにもチャレンジできます。仕事だけでなく、遊びも学べる機会があるのは貴重だと思います。

  • 売れる仕組みを発信できる営業に

    今は新規開拓を中心とした営業をしていますが、今後は自分の成功事例を積み上げたらそれをマスに広げていったり、企画を立てて効率的にスーパーデリバリーが売れる方法を模索していきたいですね。色んなパターンの売れる仕組みを作り上げて、それを出展企業に発信していきたいです。
    社内では、業務以外でももっと色んな方と交流して絡んでいきたいと思っています。歳を重ねると自分のテリトリーや思考が固まってしまいがちだと思うので常に年齢問わずいろんな方と触れ合っていきたいですね。