HOME > スタッフの素顔 > 社員インタビュー

INTERVIEW

数字を通して会社の動きを見てみたい

財務経理部

KAORI.S

  • もともと派遣としてここで働いていましたが、2011年から正社員として入社しました。
    前職は大手アパレル企業で販売員や、オフィスの設計デザインの会社でCADを使って図面を書くなど今とは全く違う業種にいました。どちらの仕事にもやりがいは感じていましたが、せっかくだったら学生時代に勉強していた簿記を活かした仕事をしたいな、と思い経理の仕事を探していました。決して数字が得意なわけじゃないのですが、数字を通して会社の動きを見てみたいと思ったのです。
    実際にラクーンで経理の仕事を始めてみると、会社の全体像を俯瞰的に見ることができるので、そこにやりがいを感じていますね。

  • 支払い、入金管理から決算業務まで幅広く担当

    経理の仕事は会社によって様々だと思いますが、ラクーンの場合はおそらく担当する範囲が広いと思います。
    派遣の時は日々の現金管理などがメインでしたが、今は子会社の経理全般を担当して、入出金のデータ管理や利益計算、月次決算や四半期決算まで一連を担当しています。
    企業の規模が大きいと現金管理だけ、決済業務だけ、と分業になると思うけどラクーンの場合は全般だから携われる範囲が広くて面白いですね。当初見てみたいと希望していたお金の流れもよくわかるし、経営に関わる経理を任されているのでスキルもかなり広がったと思っています。

  • 育休・産休後も安心して戻ってこれた

    入社してから今でも思いますが、びっくりするくらい親切な人が多いです(笑)。
    以前の職場と違いすぎるから余計にそう思うのかもしれないけど、派遣で入った時からみんな気軽に話しかけてくれるし、何かに困っていたら必ず助けてくれて気にかけてくれますね。だから相談もしやすいのですが、同僚だけじゃなくて上司や上層部の方たちもすごく親身に話を聞いてくださるので誰でも距離感が近くて親しみやすさを感じる会社だと思います。

    環境も働きやすい制度が整っていると思います。特に私の場合子育て中ですが、育休や産休を取得しやすいのも助かっています。制度が整っている会社は多いと思いますが、取得しづらいとか復帰しづらいという話も聞くのですが、そういうことがここはないんじゃないかな。
    復帰前には浦島太郎状態が続くかと不安があったけど上司や人事との面談があって、そのおかげで職場復帰するときの不安が払拭でき、安心して戻ることができました。

  • 仕事をきっかけにコミュニケーションを増やしたい

    これからももっと経理としてスキルアップし、知識や経験を蓄えていきたいと考えています。また、経理は社内からのたくさんの情報が集まる場所でもあるので、自分にはわからない他部門の情報なども自ら動いて知識を吸収し、経理の面から経営に貢献できる提案もできるようになりたいです。
    そして仕事を円滑にするためにもコミュニケーションをもっと密に取りたいな、とも思います。いずれ社内だけじゃなく、仕事の経験を活かして外部の方とも情報交換や勉強会など、何かの形でつながりを作ってみたいな、とも考えています。それもきっと仕事に活かせると思うので。