HOME > スタッフの素顔 > 社員インタビュー

INTERVIEW

自社開発で公共性のあるサービスに惹かれて

技術戦略部開発第2チーム

KYOKO.I

  • ラクーンに惹かれたのは、自社開発しているサービスを運営していることと、それが社会貢献性の高いものだと思ったからです。
    以前の仕事でもシステム開発をしていましたが、受託業務でした。受託の仕事はお客さんが納得する見積もりをだして、それに合わせて安い金額で工数も抑えて仕事をしないといけないし、作ったものを渡したらそれでおしまいだったのですがそれが物足りなく感じていて。せっかく携わるなら、直接使ってくれるお客さんと接点が持てるほうがやりがいもあると感じましたし、サービス自体も社会貢献性があるほうがやっている意義があるんじゃないかと思っていました。
    ラクーンは中小企業や地方の企業を支援しているし、お客さんの顔や声もひろえるので思っていたものがあるんじゃないかと思って入りました。公共性もあるからさらに広がりもあって面白そうだな、とも思いましたね。

  • 最初から最後まで携わることができるのが面白いところ

    実際に今の仕事はユーザー部門から上がってきた要望について、実現にむけて調査して見積もりだしたり、現場の相談にのったりもしていてお客さんの立場に近いところで開発をしていると感じています。ほかにも、スーパーデリバリーの機能追加とか社内ツール、システムの改修などをやりながら、新しく入社された方の指導なども担当したりコードのレビューもしたりしています。
    ラクーンでの仕事は上流工程から下流工程まで全部やれるのが面白いですね。状況に応じてですが、最初から最後まで自分でできることが多々あるので。例えば要件を決めるところからリリースするところまで全部自分でやることもあるので、経験が広がると思います。
    環境的にもリーダーと若手が一緒のチームになっているユニット制なので、お互いのスキルを磨くことができますし、ユニット目標もつくっているので、業務以外でも会社に役立つ改善をしようというものがあって、それが技術力アップにも繋がっているのではないかと思いますね。

  • 「派閥を作らない」「人の悪口を言わない」ルール

    入社して研修の時に言われた社内のルールに「派閥を作らない」「人の悪口を言わない」というのがあります。これって人として基本的なことだし、それをわざわざ明文化していることに驚いたけど、トップをはじめ会社の姿勢として公正であろうというのが伝わってきて良いなと思ったのを覚えています。実際にこれまでも理不尽なことを感じることなく仕事をしてこられましたしね。
    そういう社風の影響からか、常にみんなで物事を改善していこうという思いも強いんじゃないかと感じています。例えば部署内でもユニット制を導入して業務改善を行ったり、技術力アップのためにライトニングトークの大会をやるとか、色々変えることに積極的に取り組んでいると思います。

  • 社外だけじゃなく社内でも役立つものを作りたい

    今後、エンジニアとしては技術的に難しいような仕事にももっと挑戦していきたいと思っています。そして、本当に役に立つ便利なシステムを作れたらいいな、と。
    自分が作ったシステムを実際に使っている人に聞いてみたら、使ってくれてはいるけど思ったほど業務の改善ができていなくて結構大変そうなままだったりすることもあるので、果たして本当に便利なものを提供できているのかな?と思うこともあります。だから、もっとユーザーが効率的に作業できるようなシステムを作っていきたいという思いがありますね。
    社外に対してだけじゃなくて社内の改善を行っていくことも大事だと思うので。