HOME  >  社会との関わり(CSR)

新しい価値を創造し持続可能な社会へ貢献する

1993年にインポーターとして創業した私は、当時日本が抱える流通の課題に直面しITの活用でその問題を解決しよう考えました。これが当社のビジネスの原点となっています。そして『企業活動を効率化し便利にする』を経営理念とし、社会やひとの困りごとを解決するサービスを展開してまいりました。
目指しているのは、ラクーングループで働く従業員のやりがいと幸せ、提供するサービスが社会から必要とされること、そしてステークホルダーの方々と強い信頼関係を築くことです。今後も経営の透明性と基盤の強化を掲げ、新しい価値を常に創造し、グループ全体の発展・成長と持続可能な社会への貢献を続けてまいります。 代表取締役社長  小方功

ステークホルダーに対するエンゲージメント

  • ステークホルダー

    主な取り組み

  • 従業員

    一人ひとりが個性と能力を最大限に発揮し、やりがいを持って働くことができるよう、職場環境・各種制度・研修などを整備、またダイバーシティ経営の実現に向けてさまざまな施策に取り組んでいきます。

    • イントラネット整備
    • 各種社内研修、セミナーの実施
    • コンプライアンス窓口の設置
    • パパママ社員向け支援制度『はたらくーん』制定
  • 投資家・株主

    適時・適正な情報の開示をはじめ、経営の透明性の維持と説明責任を果たしながら、株主や投資家との双方向コミュニケーションを通じて、継続的な企業価値の向上と適正な市場評価を目指します。

    • 株主総会
    • IR説明会の開催
    • 有価証券報告書
    • コーポレートサイトでの情報発信
  • 取引先・顧客

    公平・公正な取引の実施と法令の遵守、情報の適切な開示によって信頼関係を構築し、安全・安心な商品・サービスの提供に努めることで、適切な事業運営と持続可能な社会へ貢献します。

    • スーパーデリバリー出品商品チェックの実施
    • PaidのISMS取得
    • 反社会的勢力のチェック
    • サービスサイトでのお知らせの掲載や情報発信
  • 地域・社会

    豊かな地域社会づくりへ貢献するため、直接の関わりのほか事業を通じて地域社会との共生を目指します。

    • 地域のお祭りなどイベントへの参加
    • Fintech協会への参画
    • 『ボランティア支援制度』制定